一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

覚王山 歳弘法堂 (2016/06/28)

覚王山歳弘法堂

 
愛知県名古屋市千種区山門町一丁目五十番地。
 
◆慈悲堂
本尊 : 如意輪観世音菩薩、阿弥陀三尊、不動明王他を祭祀。
 
全国でも珍しく、弘法大師様の一年一年の御生涯のお姿を尊像として御安置している霊場とのこと。
 
 
************************************************
 
名古屋市千種区覚王山へ所用のついで、立ち寄りました。
 
名古屋ではおしゃれでレトロな町と知られていますが、日泰寺という有名なお寺のある場所でもあります。
 
覚王山の駅から歩いていますと、マスクをはずしても大丈夫な程、市内にしては街全体の気が澄んでいました。
 
もっとも街中で車や人の往来もありますが荒んだ感じはなく、樹木も息づいています。
 
日泰寺とは反対の方向で用事をすませ、そのまま帰る予定でしたが、この気はお寺の方から拡がっていることに気づき、日泰寺へお参りすることにしました。
 
神社・仏閣巡りは予定して行くこともあれば、用事のついでに立ち寄ったり行き当たりばったりなこともあります。
 
************************************************
 
日泰寺の参道は500mあり、界隈には昔からのお店やおしゃれなカフェがあり、ゆっくりと歩いていますと、
 
ふとご神気が横から道へ噴き出していたので、立ち止まりました。
 
 
{745FBFEE-2938-42F5-B7DE-18B6B238ABA3}
 
 
 
{CCD59E2C-EA16-4251-9B13-127F711F24D4}
 
 
↑ この写真の手前にもう一つちいさなお堂がありますが、写真が撮れていませんでした。
 
{E97E96FF-C9E9-483C-BE98-C22ECE12F6FD}
 
 
いつものように祓い清め、結界を張りました。写真は状態を良くしたものです。
 
 
お寺ですが繊細なご神気を感じ、神仏混合なのではと思っていますと、
 
お寺の住職の方がやってきて、お堂の扉を開ける音をガラガラと開けて何かされはじめられたので、一旦後にしました。
 
この日は、覚王山四国八十八ヶ所日泰寺へ参り参道を戻ってみますと、お堂の扉がまだ開いておりました。
 
 
{DEE1036E-FE4D-4697-A876-87A71F2FDBAB}
 
 
暗いですが、一番左側に神棚があるようでご本尊と共に祓い清め結界を張りました。
 
右の部屋にもたくさんの仏像があるようですが、すべては捉えられませんでした。
 
 
{A2DB63B7-EE87-4B3A-BB0F-CE150B5F1C10}
 
 
清々しい気に満ちあふれていました。
 
 
~ つづく ~