一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

覚王山 | 千体地蔵堂 (2016/06/28)

日泰寺参道をまいりますと、門前に千体地蔵堂があり、すぐ向こうに覚王山四国八十八ヶ所の入り口があります。

 
◇千体地蔵堂
 
{2A424C9A-8974-4273-8BE2-7BAA9492AA20}
 
 
{5564D254-3A00-4EDF-8535-92774B41CE87}
 
 
本当に千体あるかは分かりませんが、中を覗きますと数百からのおびただしい数の仏像が並んでいます。
 
工事中なのか、いろいろな道具が散らばって片付けられていないようでした。
 
日泰寺よりも歴史が古いらしく、経年の穢れで重苦しく生々しい感じがしました。
 
全体を祓い清めると、スーッとした感がありました…しかしながら、あまりの数の多さもあり、すべての仏像に○○を入れてよいものか躊躇いました。
 
詳しくお伝えするのは控えますが、毎月21日に開帳とのことで、この日はとりあえず結界だけを張りました。
 
 
{FEA7F2C2-8E9D-4185-8FD6-BFA870900C58}
 
 
日泰寺からの帰りに、左側のお地蔵様もう一度祓い清め、ここだけ○○を入れました。
 
{BB3438E2-D2D3-47CC-B9D4-5D70B771440B}

 

 
 
{52A11BF3-DE3E-4470-B96C-B6FAC406B0E3}

 

千体地蔵堂の脇にある仏像。
 
逆光で暗く写りましたが、祓い清めた直後の写真です。
 
日泰寺の帰りにご挨拶のために立ち寄りますと、参道まで気が溢れていました。
 
 
日泰寺の周辺は、覚王山四国八十八ヶ所をはじめ、お寺やお地蔵様が多くあります。
 
ここは、日をあらためてまた来る必要があります。
 
 
~ つづく ~