一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

覚王山日泰寺 (2016/06/28)

覚王山日泰寺

 
日本で唯一いずれの宗派にも属さない日本の仏教徒のための寺院。
 
日泰寺の名称は、日本国とタイ国の友好を象徴し、タイ国(当時シャム国)より釈尊(お釈迦様)のご真骨を拝受。
 
毎月21日が縁日。
 
************************************************
 
仏様の気が正門から参道へ、街全体へ流れています。
 
 
◆山門
 
{88AA8F9C-A018-4AAE-8485-130C7CC3D3B9}
 
 
向かって右に阿難尊者(釈尊の弟子で晩年待者として仕えて最後を看取った人物)、左に迦葉尊者(仏弟子の最長老で釈尊滅後の仏教教団を率いてニ祖となった人物)。
 
 
◆本堂
 
{4AABA83B-88FE-4E70-8E7A-4487FE4A91BB}
 
 
釈迦如来様のご本尊。
 
{21D4B141-01F6-4E82-A76F-985CE424F959}
 
 
本堂全体に仏様の気が満ち満ちています。
 
 
◆境内 手水舎の横にあるお地蔵様。
 
{6208730A-3690-4F7F-9C5A-3AA49054251B}
 
やや穢れていましたので、清めました。
 
 
◆タイ国王の像
 
{94950084-04EF-45BD-891E-F76636E99439}

像の左右にゾウもあります。

 
祓い清めて、悪いものが入らないようにしました。
 
 
◆普門閣
 
本堂の向かって左にあります。
 
{6B2033C7-A4D7-47A2-8F39-0FFAEE4BB95F}
 
 
ここは重苦しく、お祓いしましたが祓えませんでした。
 
このような場合はら神仏の判断によるものと思われます。
 
お祓いではなく清めてみますと、たちまち清らかな気が大きく拡がりました。
 
しばらくしますと、本堂からの気と同じ程、清らかな気が風に吹かれて流れてきます。
 
?… ここは何なのでしょう。
 
寺務所、大庫院とありますが、セレモニーなどの多目的会館のようです。
 
本堂の気とつながるように、正門へ気が流れてきました。
 
 
 
{D11F8A18-667B-46FE-9579-A437E9A26E5C}
 
祓い清めましたが、やや重いです。
 
仏像はないようで、写経が納められているとのこと。
 
 
お寺は全体に重く感じるのですが、未熟物の存在というより、経年の穢れ、人々の思いの重さを感じました。
 
日泰寺は、ここから奥の方に茶室や建物があり、さらに道を渡って泰安塔、霊堂と墓地がありますが、奥までは行けませんでした。
 
要所ごとに結界は張ってありますが、全体に大きな結界は張っていません。
 
この日は他に、本堂周辺、樹木や鐘楼を祓い清め帰りました。
 
 
最後のご挨拶をして外へ出ますと、正門から仏様の気が街へ流れています。
 
 
素晴らしいお寺です。
 
 
名古屋のおしゃれな街としても知られていますが、どうぞこのまま参道を守り、街の無駄な開発はされず、仏様たちを静かにお守りくださることを望みます。