一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

人と見えない世界

ここ最近、未成仏の方を多々清めるようになり、人という存在や見えない世界について考えるようになりました。



私の感じる日常から、つながれるご先祖様が成仏されている方は、おそらく10〜20%程でないかと思われます。


様々な悩み、お身体の不調をかかえている方もおられます。


全国に多々霊能者、スピリチュアリストとよばれる方々がおられ、様々なご相談、悩みのカウンセリングをされています。


しかしながら、『よく当たる占い師や霊能者を知りませんか?』、『本物の霊能者を探しています』、『お金をとっている霊能者者なんて嘘』、『死んだら無になるだけ、霊なんていない』とおっしゃる人たちもいます。



よく当たる…というのは、あまり理解できません。

ご相談いただいたことに、適切な回答や方法を用いて、解決や幸せへ導くのがカウンセラー、カウンセリングで、

よく当たる、当たらないの問題でも、『あなたは◯◯な人ですね』とその人を分析するのとは違うと思います。



本物の霊能者はおられますが、あまりめだたないところにいます。


見えない世界のお仕事をされている人は、人様の知らないところで、神仏や世のため、人のために、様々な活動をされています。


個人鑑定など、お一人のためだけにお時間やお力を使うということについて、謝礼は必要と思います。


死後の世界や魂の存在を否定される人は、人間やこの世界、宇宙について考えられ。らとよいと思います。



私は、このさきお祓い師としてのお仕事はしますが、人生やお悩みについての個人鑑定をすることはありません。


一人一人、対面で様々なご相談を受けますと、いろいろと大変なことになります。(^_^;)


また、不幸は、未成仏のご先祖様や様々な因縁にあるとしても、ただその人一人だけで悩みは解決しない…今生きている人たちがそれぞれ清まり、生き方や考え方が家族、地域や社会全体で変わっていくことが必要なのです。


お祓いとお清めで祓い清める日々は、まだまだつづきます。


















広告を非表示にする