一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

自分を知る

前のブログの記事のことがあり、あれから、いろいろとお祓いをして対処しました。



神仏の方でもお守りくださり、また身体の改造(?)も進んでいるようです。


私の身体には、清い気の塊が入っています。


そこへ、たびたび神様が入られていることがありましたが、なぜ未成仏の存在が出入りしていたのか、やはり不明です。


ことの次第の原因は、いくつか考えられるものの、私がより進化し、身体が透けるようにチャクラが拡がって異空間へつながっているようにも感じます。


また、身体の周りに磁石にくっつくように、ちいさな人の魂が寄ってきているのも捉えます。


未成仏の存在は一切寄ってこない人もいます。


スパッと精度の高いお祓いをされる人もいますが、私はなぜ未成仏の存在が残されるのか…あれこれと考えて、試行錯誤しました。


能力、集中力、体格、体質、性別、性格…人には様々な違いがあります。

ついている神仏も異なります。

私には、未成仏の存在が寄ってきます。


皆同じではないのだから、同じやり方でも同じようにならない、できない…私は私の方法を探すのがよいように思いました。



今日は、お庭の樹木を祓い清めました。


風通しを良くしても、あまり元気がなく、暗い感じがしたのですが、言葉をかけますと未成仏の存在が清まっていきました。


さらに神仏よりお力をお貸しいただいて、上へ上がっていただきますと、清い風が吹き、葉っぱが優しい緑色に変わりました。


清めてから、穢れた気やどうしようもない存在を消滅させます。


もっと能力が上がって、様々なことができるようになればと思います。


言葉だけで清められるなら、言葉だけで消滅させられるとは思いますが、まだ検証が必要です。


一旦、半紙へすべて移してからお祓いするのも私にとっては、有効な方法と分かりました。


お祓いの時に生じる時差は、神仏の方で選別されているのかもしれません。

しかし、穢れた気、未成仏や諸々の存在が雑多しているのを選り分けるなど、まさに神業と思います。


また、未成仏の存在のいるところでは、結界を張ろうとしても無効になったり、すべてお祓いで消滅させられないことも分かりました。


今は指導者という人はいませんので、神仏の方でいろいろと気づきをくださっているようです。


ありがとうございます。



これから、このさきのお仕事のことも考えます。


なぜ、こんなに未成仏の存在が多いのでしょう。


私の弾いている楽器は、古くから神のため、また墓前や故人のために弾かれてきました。


これからも音楽のお仕事はつづけますが、神仏のため、故人のためにより多くのお仕事をしてまいりたいと思います。




広告を非表示にする