一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

決意

霊媒は体質であって、ネガテイブの引き寄せや同調とは違います。



神仏をお祀りし、ただ感謝して生きればよいという類のものではありません。


ここに神様がおられても守っていただけることはなく、どこからか擦り寄ってくるちいさな存在がいます。


幸せでポジティブでいれば影響ない、という類のものではありません。


よく幸せ、ポジティブと言われますが、まったくもって解決にはならないのであります。


私や家族のように見える、聴こえる、霊媒のような人は、人類の○パーセントかいるようです。


このタイプの人からは、見えない、聴こえない人とは違うものを感じます。


私の仕事は、このような人へ寄り添うことでもあります。


また霊媒だけではない、一般の人にとっても見えない世界の影響で、大変なことになっていることがあります。


今までは、これからも音楽のお仕事をつづけ、影ながらお祓い師をやっていく予定でした。


しかしながら、悪霊をはじめ、悪魔や魔物の類がどのように人に憑き、入り、災いをもたらすか分かってきたので、徹底的にぶっ潰すことにしました。


あまり詳しく言えませんが、けっして引き寄せや同調だけでではない…幸せ、ポジティブでいればうまくいく、という世界ではないようです。


また、因果応報や自業自得のように考えますと理解はかんたんかもしれませんが、これも解決や方法ではない、また世の中の弱い、悩み苦しんでいる人や魂へかける言葉ではなく…


お祓い師として祓い清めに必要なのは、いつも中庸、空でいること…自ら泥水の中へ入っていくこと、とあらためて感じています。


さて…来年へ向けて、準備をしています。


本日は、もう一回更新します。(^-^)
















広告を非表示にする