一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

熱田神宮② (2016/12/29)

熱田神宮の境内のあちこちにある祠です。



{D346A85D-EEE0-468A-9AA1-8423B7FD2F4F}



{15F56B7E-B541-4924-B11A-6E11689ED2F9}



{B4ED5E0B-3C2B-4A37-BF0F-90995F885BA2}


{1556413B-0C9C-43D9-9B78-270B279C066E}


{F61FAF32-FFA8-4954-B09A-11A1F8E33785}


{0678E1FC-C225-40E8-9D5C-CE2C168F70C2}


{A7FEB5FF-615D-49CB-A1A1-EAAFEB739929}


ここは、六つの祠の並んでいるところです。

空っぽの時もありましたが、境内が清らかですとおられます。

素戔嗚尊様は、ご神気ですぐに分かりますが、境内の南宮社という赤い社殿にもおられます。




{5E4E9464-F522-420C-948A-2D7C6E29FF39}




{6A4372BF-6095-4453-A063-3CC5C8D2CB33}



{91EF9DC3-1495-4E2E-93F6-35D9EB6DC45F}


境内にぽつん、ぽつんとある祠です。

どの祠にもご挨拶され、丁寧にお参りされるとよいです。


今回、熱田神宮へ伺って驚いたのは、神宮前にあった妖しいお店がまっさらになくなっていたことでした。

駅前のシャッター街は、以前から立ち退きになっているとのことですが、神宮全体から周辺へご神気が満ち満ちて、淘汰されている印象でした。


出店の準備も境内の外に並んでいましたが、神様たちをお守りし、境内を穢さないためにも、お店は境内の外へ設置いただけるよう、神社の側で配慮いただけましたら幸いです。