一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

考証

正しく気を捉えるには、日ごろの訓練と考証が必要です。



ここ最近、家族に冷気を感じることがあり、あれこれと考証しています。まだ、わからないこともあります。


ある日、家族の一人、霊媒の人をお祓いしますと、冷気が噴き出しました。


この時は、この人の落ち込みが激しく、自殺された人や魔物が憑いている感じがしたため、お祓いをしたのですが、しばらくしますと冷気に包まれ、横に厳しい、剣を持っているような男性が立ちました。

しばらく、横に立っておられました。

  
先日、この霊媒の人と話していますと、胸をチクチク刺すような魔の存在が憑いているのを感じました。

霊媒の人が部屋から出て行こうとしますと、急に身体から冷気が噴き出して、スゥ〜と部屋が冷気に包まれました。


また横に人が立ったような感じがしましたが…部屋に私一人となっても冷気の塊が残留しています。


手でさわると、ご神気や穢れた気ではない…モクモクとした形で人工的、ただただ冷たい気で、身体から掃き出されたもののように感じました。


部屋全体をお祓いしますと、この冷気は消滅しました。


ふと思ったのは、仏様があらわれて、魔や悪因・悪果をぶった切っている…その残った冷気の塊がボトボト落ちたような…しかし、仏様がこのようなことをなさるのか、果たしてどうなのだろう。


この人は、けっして神仏のついてくださるような生き方はしてきませんでした。

霊媒で、悪霊や魔物に苦しめられており、魔の世界に囚われている、または、あの世へよばれている、とも考えました。


あれこれ思考していますと、一瞬、仏様の音(声)が聴こえました。


仏様とは信じ難い…ですが、今夜、家族で一緒に夕食をとっていますと、霊媒の人から僅かながら冷気を感じます。


仏様の気のようです。



しかしながら、楽観視はできません。

家族のもう一人も、突然、冷気に包まれることがあり、こちらは身体の具合が悪くなったりします。


冷気は、魔の存在から感じることもあり、要注意です。

いずれも、神仏のついてくださるような生き方や心身はしておりませんので、何が起きているのか、まだわからない状況です。


詳しいことは不明ですが、昨年の後半からあの世や神仏のシステムに変更があったようです。


私の知らないところでいろいろ起こっているようですが、正しく気の質を捉え、あらゆる仮説を立てて、考証していきたいと思います。

広告を非表示にする