一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

魂の本質

最近のことです。

 

ずっとご無沙汰をしていた方へメールで連絡をしました。

 

その人がメールを受信されたのを感じますと、突然ドンと魔物クラスの穢れが来ました。

 

また、ある人へブログのコメントをしますと、その人から凄まじく重いものが頭にガンッと来ました。

 

 

他の人でも、メールやなんらかの接点があったり、私へ想念を向けられますと、その人の心身の穢れ、匂い、憑いている存在または未成仏のご先祖様や存在が来ます。

 

しかしながら、祓い清めて成仏していただいたとしても、またヌルヌルとした穢れが漂うのです。

 

生き霊や想念は、頭の前方〜顔の周りに来ますが、どんな人でも穢れを発していて、大変重苦しい状態です。

 

外見や一見良い人、若さ、ファッションなどはかかわりなく、凄まじい穢れと重さを感じるのです。

 

魔物クラスの穢れとは、魔物が憑いていることもありますが、その人のまんまの気の質のこともあります。

 

 

これがその人の魂の本質のようなものとしたら、人とは一体なんなのでしょう。

 

 

このような穢れた気が来ますと、私の心身へ影響を及ぼしますので、いつも祓い清めていますが、

 

私だけでなく、これはこの世のシステムのため、すべての人がこの生き霊、想念の送受信をしています。

 

 

この穢れを一人一人無くしていかないと、人の幸せはないと思える程、人の穢れが進んでいるようです。

 

これはまた書きますが、この世もあの世も世界が変容しつつあり、ちょっとめんどうなことになっています。

 

地球のアセンションとおっしゃる人もいますが、まったく違うことで、人の想念や穢れを無くしていくことを考えなければ、地球も自然も浄化の力はありませんので、この世へ溜まっていくばかりなのであります。

 

とりあえず、人がまるで魔物と同化しているような黒い気を吐き出しているのに驚愕する日々なのであります。