一無創帖

一つを無にし清き空間を創る

連鎖①

先日、大島てるさんの事故物件のサイトを拝見しました。

事故物件のある場所が炎のマークで示されていますが、火事の起きた場所の近くにまた火災があったり、殺人事件が起きていたりします。

おそらく偶然ではない、地域が穢れ、未成仏や魔の存在がいることによる負の連鎖と思われます。

穢れ地になりますと、悪霊や魔の存在が集まったり、また穢れが蔓延して、天災や事件・事故の起こる要因になっているように思えます。

最近、ニュースで拝見した自殺された著名人を清めました。

スマホでニュースを見た時、穢れた気が画面から発せられていて、すぐ閉じたのですが、つながってしまいました。

コンコン咳の出る程、苦しさが伝わってきます。

有名な方の場合は、インターネットやTVのニュースを通じて、穢れが拡散しますので、早々に清めます。

スマホのニュースから故人の氏名をお伺いしますと、周りに穢れた存在を確認しました。

お祓いし、すぐに故人をお清めしますと、苦しみの気が消えて、清らかになられました。

お礼をおっしゃってくださっているのですが、なぜか周囲から未成仏の方々はあらわれます。

その人だけでなく、空間ごとつながっているため、その空間にまだいる未成仏の存在がこちらへ来るのです。

どなたも相当な苦しみの気で、自殺された方々のようです。

ニュースを確認しますと、しばらく前にその人の親友の方も自殺されています。

その親友の方も呼び出して、お清めしました。

やはり、周りから次から次へと自殺された故人があらわれます。

とりあえず、こちらへ来られた人をすべて清めました。

初めにお清めした故人の方と親友の人は、あちらの世界で再会を喜んでおられる感じでした。

二人並んでお礼をおっしゃられると、部屋の中を見渡して、行かれました。

相当な数の自殺された未成仏の存在に、引き摺られた感じがしました。

自殺された方は成仏できない、永遠に苦しみが続く、と言われます。

自ら命を絶つ罪のせいと思われますが、実際に拝見しますと、ご本人の苦しみと共に、周りに悪霊や魔の存在が張り付いて成仏しようにもできない感じがしました。

ちょっとした心の隙や不安定な時に、このような存在に取り憑かれ、自殺へ追い込まれることも考えられます。


しかしながら、自殺されたとしても清められることが分かりました。

以前にそのような方がおられ、ダメもと(?)でお清めしたところ、清まられました。

自殺された方がまた自殺者を呼ぶ、そのような連鎖は断ち切らなければなりません。